「センセイ君主」11巻のネタバレと感想

「ヒロイン失格」の幸田もも子先生の新連載、「センセイ君主」11巻です。

マンガ「センセイ君主」11巻 lesson38のあらすじ

先生がフランスに行けるよう、後押ししたあゆは。

虎竹に指摘され、先生がフランスに行ってしまったら、単純に14時間でいつでも会えるというわけではない、ということに気付く。

自分が強くなるしかない、と思ったあゆはは、先生がいなくなったことを想定した訓練を始める。

実家に戻り、学校でも極力接触を避ける。

しかし3日目で既に限界。

間違えて先生の家に帰宅しそうになったあゆはは、弘光先生に遭遇する。

先生を避けて生活するあゆはの行動は、全てお見通しだった。

フランスには行かない、無理しなくていい、と言う先生。

嫌です、と答えるあゆは。

「先生がぜったいこれだ、って思える答えを出してください」と言ってその場を去る。

 

図書室で自分の進路と向き合いだしたあゆは。

白川が現れ、この前あゆはにひどいことを言ったと謝る。

前向きな姿を見て、いい子じゃん、とあゆはを見直す白川。

 

あゆはが家で独り、先生を思い出して泣いていると、玄関のチャイムが鳴る。

窓から顔を出すと、外には弘光先生の姿が。

「やっぱどー考えても、離れたくないんだよね」

「今さまるんと離れる方が、俺の人生、ずっと後悔すると 思うんだけど。納得できる?」

これが、先生が出した答えだった。

 

マンガ「センセイ君主」11巻 lesson39のあらすじ

平和な日々に戻り、文化祭シーズンが到来。

教育実習が終わった白川は、弘光先生に言う。

「さまるんってさ、いい子だよね、すごく。まだ17歳だから、これからどんどん成長して、もっともっといい女になるだろうね。そしたらさまるん、絶対モテるよね!」

他の男に持っていかれないようにと忠告するのだった。

 

文化祭当日、アオちんが仕組んでくれたおかげで、弘光先生と一緒に文化祭をまわれることになったあゆは。

制服姿の先生に大喜び。

最初は面倒臭そうだった先生も、なんだかんだ楽しそう。

文化祭を回っている途中、あゆはが同級生にナンパされる。

ナンパと気付かず、簡単にLINEを交換するあゆは。

それを見て、良い気がしない先生。

一方、他の女子と写真を撮る先生を見たあゆはも不満が。

ちょっとした喧嘩になってしまう。

 

反省したあゆはは、LINEを交換した相手のところに行き、ナンパだったら遊びに行けないと謝る。

様子を見ていた先生と仲直りする。

 

アオちんの考えた最終ステージに進む、あゆはと弘光先生。

愛のセリフを叫ぶ、という企画。

開き直って承諾する先生。

アオちんが用意したセリフを棒読みする。

最後に、原稿にないセリフを口にする。

「さまるん、結婚する?」

 

マンガ「センセイ君主」11巻 lesson40のあらすじ

先生の突然のプロポーズ。

今すぐ結婚しましょう!とノリノリのあゆは。

うっかり早まって、人前でプロポーズしてしまったことが恥ずかしい先生は、「リップサービスだ」と言う。

 

そんな中、弘光先生が母親から「彼女を紹介しろ」と言われる。

あゆはは先生の母親に会いに行くことに。

教え子という事は隠し、22歳、東大の3年生、という設定。

今更、先生が東大出身であることに驚くあゆは。

同時に、結婚したらバレてしまうことなのに、後回しにしていいのか、自分との結婚は本気で考えていないのか、と不安になる。

 

廣祐の手によって、大人っぽく改造されたあゆは。

先生に「可愛い」と初めて言われ、元気を取り戻す。

 

ついに母親と対面する。

弘光先生に席を立たせ、あゆはに攻撃を開始。

「私にとって、息子の彼女は敵。気に入られようなんて、思わないことね」

いきなり敵意むき出しの母親。

自分から息子を奪おうとする女が憎い、と言う。

何故か涙が出てしまうあゆは。

 

席に戻った弘光先生。

「俺もだいぶ、さまるんに感化されて、バカになったよ」

そう言って、あゆはの目の前に指輪を置く。

この前のプロポーズ、リップサービスだと言ったのは嘘で、さまるんと結婚したいと思ったから言った、と告う。

先生は母親に、あゆはが自分の教え子であることを明かし、これ以上口出しするな、と言うのだった。

 

マンガ「センセイ君主」11巻 lesson41のあらすじ

あゆはは弘光先生の実家にいた。

母親に認めてもらうため、家事を教えてもらうことに。

母親からの意地悪にもめげず、買い物、害虫駆除、天窓拭き、着々と家事をこなすあゆは。

ネタが尽きた母親は、アルバムを見せる。

「パパの彼女になりたくて、めちゃくちゃ頑張ったんだから」と昔の話をする。

あゆはは自分の事とシンクロして、泣き出してしまう。

二人が話をしていると、父親が帰宅する。

「ごめんね。うちのお母さんは本当に素直じゃなくてね。これで可愛いところあるから、仲良くしてやってね、あゆはちゃん」

そう言うのだった。

 

結局、母親に「認める」とは言ってもらえなかったものの、帰り際、「また来ていいよ」と言ってもらえたような気がするあゆはだった。

 

 

虎竹と話をするシーン。

「第三者の公正な目で精査します」、あゆはの顔が、あの方になってましたねー。

幸田先生がたまに出す、このシリーズが密かに楽しみです。

 

弘光先生が、図書館で進路に迷うあゆはをこっそり覗くシーン、先生が手にしている「魔法少女キラリ」という本が笑えました。

何故その本を選んだの?ってところ、そもそも、それ、高校の図書館に置いてあるか?ってとこも。

そして、あゆはもチャーリーパピコ関連の本を読み過ぎ。

 

lesson39の扉絵、ドラゲナイの漫画、本当に読みたくなってきます。

文化祭、制服姿の弘光先生、かっこよかった!

 

あゆはが22歳東大生の設定、というところ、「さまるんが東大、じわる」って弘光先生が言ってましたが、読んでるこっちも相当じわりました。

11巻、出たばかりですが、早く読みたい12巻…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です