「東京タラレバ娘」1巻のネタバレと感想

東村アキコ先生の「東京タラレバ娘」第1巻です。

「あの時、あーだったら」、「もっと、こーしてれば

タラレバばかり言いながら、幸せ求めて右往左往!!

ドラマは毎週水曜の夜10時から。

マンガ「東京タラレバ娘」1巻 ACT<1>タラレバ女

主人公 鎌田倫子(りんこ)、33歳目前。

高校からの親友、香(かおり)は自分の店を経営するネイリスト。

二人とも独身、彼氏なし。

 

倫子は10年前、23歳の誕生日、当時勤めていたテレビ制作会社のADだった早坂から、指輪のプレゼント付きで告白されたことがあった。

いい人なんだけどダサい、という理由でお断りしていた。

その早坂とは、仕事でしょっちゅう顔を合わせているという、皮肉な現在。

 

倫子は、30歳で脚本家として独立、表参道に事務所を借りて、ネットドラマの脚本などを手掛けていた。

早坂もADから立派なディレクターになっていた。

 

ある日、早坂から、倫子にメールが届く。

お話したいことがありますので

今週どこかで お時間いただけませんでしょうか?

 

倫子は、親友2人に集合をかける。

香ともう一人の親友、小雪。

倫子たちが日本で一番美味いと思っている、居酒屋の看板娘。

二人と同じく、独身、彼氏なし。

 

3人はしょっちゅうここで女子会をしている。

第1出動→ヒマだからなんとなく飲みたい時

第2出動→仕事の愚痴を聞いてほしい時

第3出動→誰かの悪口をかましたい時

第4出動→緊急に男がらみの相談がある時

そして今回は「第4出動」。

 

倫子は、10年ぶりに早坂から誘われたことを話す。

今度は告白どころか、プロポーズか?と盛り上がる一同。

 

そして早坂と会う日がやってくる。

気合いを入れていざ店へ。

10年前はさえなかったダサ男の早坂は、立派な王子様に成長して、もう一度自分を迎えに来てくれた…

と思ったら、違った。

 

早坂は、「倫子のアシスタントのマミに、結婚前提の交際を申し込もうと思っている」と言う。

目の前に差し出したブルガリの箱に入った指輪を、「マミに渡しても大丈夫か」、倫子の意見を聞いておきたい。

それが今回、倫子を誘った目的だった。

 

再び第4出動。

放心状態の倫子。

倫子の正気を取り戻そうとする香と小雪。

「痩せたら」「好きになれれば」、何の根拠もないタラレバ話で盛り上がる一同に、近くで飲んでいた男が突っかかってくる。

「あんたらのソレは女子会じゃなくて、ただの行き遅れ女の 井戸端会議。

そうやって、一生女同士で、タラレバつまみに酒飲んでろよ。この タラレバ女!!」

 

マンガ「東京タラレバ娘」1巻 ACT<2>タラレバ女と金髪男

二日酔いの頭で、10年前のあの時、早坂を受け入れていたら、今一人じゃなかったのかも。

倫子は、そんなことを考えていた。

会社でマミには彼氏がいることを知った倫子、またも第4出動の号令をかけ、「早坂ざまぁみろ」と盛り上がる。

そこへ昨夜の若い金髪のイケメンが現れる。

飲んで忘れようと思っても、倫子のダメージは相当大きかった。

泥酔した3人は、店の外で転んでしまう。

金髪のイケメンが言う。

「30代は 自分で立ち上がれ。もう 女の子じゃないんだよ?おたくら」

 

次の日、倫子が会社に行くと、マミから「早坂と付き合うことになった」と聞かされる。

手にはブルガリの指輪が。

第4出動にも疲れた倫子。

コンビニで買い物をして帰宅し、虚しい気持ちで雑誌を開くと、「大人の恋」特集に、例の男が載っていた。

タラレバ女の 名付け親は

雑誌の中で こっちを見下すように 笑ってた

 

マンガ「東京タラレバ娘」1巻 ACT<3>ハニートースト女

金髪のイケメンは、人気急上昇中モデルのKEY(キー)だった。

倫子が脚本を手掛ける、ネットドラマのキャスト候補に上がっていた。

 

事務所での顔合わせ、KEYは倫子に初対面のような態度をとる。

更に、倫子の脚本が「つまらない」と罵倒し、「このドラマには出ない、ダサいから」と言うのだった。

 

KEYと言い争いになった倫子は、今回の企画から外されてしまう。

恋も仕事も 20代の頃と 何かが違う

思ったより早く 崩れていく

まるで この ハニートーストみたいに

倫子たちは婚活お見合いパーティーに参加するも、自分たちが「お呼びでない」ことを思い知らされるのだった。

 

マンガ「東京タラレバ娘」1巻 ACT<4>貯金女と年下男

恋も仕事も 上手くいかない アラサー女の

使えるモノは 貯金だけ

街にはこんなにたくさんの、いい男が歩いているのに、自分たちの相手がなかなか見つからない。

倫子がそんなことを考えながら歩いていると、撮影中のKEYに出くわす。

倫子の代わりに抜擢された、新しい脚本家と顔合わせとしたと言うKEY。

「ありゃプロデューサーとやってるな、すっげー若い娘だった」

それを聞いた倫子は、勢い余ってプロデューサーと若い脚本家の女を尾行する。

箱根の宿に入っていく二人を激写した倫子。

そのまま一人で箱根に1泊することに。

 

旅館で泥酔する倫子からのLINEを見た香と小雪は心配する。

すると、その場にいたKEYが「箱根に様子を見に行ってくる」、と言う。

 

タラとレバーの幻覚と会話する倫子の前にKEYが現れる。

「若いギャルの脚本家がプロデューサーとここに泊まっている、そんなの汚い、私はそういうのイヤ」と言う倫子。

「キャストが脚本に文句付けてきたら、どうすることもできない」と倫子が言うと、

「俺に、枕営業してみろよ」とKEYが言う。

突然のことに戸惑う倫子。

「やってみろよ。俺に 大人の女の魅力で 迫ってみろ」

倫子はKEYと一夜を共にしてしまうのだった。

 

とにかく面白いです。

思わず声を出して笑ってしまいます。

 

個人的に、小室ファミリー縛りのカラオケが懐かしかった。

あそこまでCAN YOU CELEBRATEを熱唱したことはありませんが。

TRFの曲Boy Meets Girl、「出会いこそ 人生の 宝探しだね」とバックに歌詞が出ていたのには笑いました。

本編のストーリーにはまりすぎていて。

細かいところまで楽しいです。

 

東村アキコ先生、どんな方か気になりますよね。

おまけのページに少し載っていました。

2014年に38歳と書いてありましたので、なんと、自分と同じアラフォー世代。

お子さんもいて、結婚は2回目だそうです。

 

この漫画をアラサー時代に読んでいたら…怖くて途中で挫折していたかも。

それくらいリアルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です