「東京タラレバ娘」3巻のネタバレと感想

東村アキコ先生の「東京タラレバ娘」第3巻です。

「あの時、あーだったら」、「もっと、こーしてれば

タラレバばかり言いながら、幸せ求めて右往左往!!

ドラマは毎週水曜の夜10時から。

マンガ「東京タラレバ娘」3巻 ACT<9>ジェットコースター女

丸井が食中毒で入院してしまう。

小雪はお見舞いに行くのに、嫁と鉢合わせになった時の保険として、倫子と香についてきて欲しいと頼む。

 

一方、倫子のところに仕事の話が。

以前外されたドラマ、3話目以降の脚本を書いてほしい、というものだった。

若い女の脚本家が入院してしまったのだ。

 

しぶしぶ引き受けたものの、「偽装結婚モノ」を書いたことが無い倫子は、苦戦を強いられる。

そうこうしているうちに、小雪との約束の時間に。

 

丸井が入院する病院で小雪と香を待っていると、KEYが現れる。

「脚本の打ち合わせをするために来た」と言う。

小雪と香も合流し、KEYも一緒に丸井の病室へ。

小雪を病室に残し、倫子とKEYは屋上で打ち合わせをすることに。

 

自分にもプロの意地がある、絶対に面白い脚本にする、「このピンチを、チャンスに変えてみせる」と意気込む倫子。

すると、KEYが言う。

「あんたらの歳だと、チャンスが ピンチなんだよ。ピンチがチャンスなのは 若いうちだけ」

「今回のドラマがコケたら、あんたが戦犯ってことにされる」

もう馬鹿にしないでほしい、大人をからかって傷つけて楽しいのか、と聞く倫子。

「傷つけよ、それで 死ぬわけでもなし」

と、KEYは言うのだった。

私たちはいつも 何年も何年も

楽しいことを探して ワクワクすることを探して

生きてきた

その先に何が待ってるかなんて 何も考えず

カタカタと登る そのレールの上で

期待ばかりふくらませて

自分で自分の理想を、アゲてアゲて、恋も仕事も、期待度をアゲまくって、

あとは きっと 落ちるだけ

 

マンガ「東京タラレバ娘」3巻 ACT<10>逃げる女

仕事を取られた若い女の脚本家の、ピンチヒッターで仕事を引き受けたはいいが、全く書けない倫子。

参考作品を借りる為にレンタルショップに行く。

借りたいDVDがレンタル中でがっかりしていると、

「それ、俺が借りちゃってます」

と、倫子の前に男が。

「良かったら一緒に観ませんか?」と誘われるままについて行ってしまう。

 

男は映画BARを経営していた。

意気投合し、つい、仕事のことを忘れてしまう。

 

一方、香が小雪の店で飲んでいると、退院した丸井が現れる。

丸井の妻のフェイスブックから、妻は妊娠中で里帰りしていることが判明していた。

小雪は丸井を店の外に連れ出す。

「こういうの、もうやめた方がいいですよね」、と小雪。

丸井は、「ずっと前から嫁とは上手くいっていない」、「子供がいると言ったら、小雪は付き合ってくれないと思ったから、言わなかった」、と言い訳する。

「あなたを 傷つけてでも、僕が あなたと 一緒にいたいと思っちゃったから」

丸井の言葉を聞いた小雪は、丸井にキスをして、「バカ、嘘つき、大嫌い」と言うのだった。

 

仕事のことを思い出し、急いで職場に戻る倫子。

事務所には、脚本の進捗状況を心配した早坂とKEYの姿が。

酔った倫子を見たKEYは、パソコンの中にあった、マミが書いた脚本を出す。

「大丈夫、これから書く」と言う倫子。

KEYは、「あんたが書いたやつより、面白いんだよ」と言うのだった。

時代は移り変わる

それは 私たちが考えるより早く

目まぐるしく

容赦なく 残酷に

倫子は、「もう脚本家をやめよう、あの人と恋をする、逃げてやる、その先に何があるのかなんて、今は考えられない」、そう思うのだった。

 

マンガ「東京タラレバ娘」3巻 ACT<11>うれしい!楽しい!大好き!女

この千載一遇のチャンスを逃すわけにはいかん!!

早坂に呼び出された時の勝負服を着て、倫子は例の映画BARを訪れる。

自分が脚本家だと明かすと、奥田は大喜び。

ますます意気投合した二人は、焼肉を食べに出掛ける。

奥田は自分の事について話を始める。

倫子が独身か尋ねると、「独身ですよ!結婚します?」と答える奥田。

 

第4出動。

今回は、「いつやったらいいか」について討論。

3人で話し合うも、結論が出ない。

香が言う。

「1回だけやる!そんで、そのあとやらせない!」

倫子の脳裏に、KEYとのアレが思い浮かぶ。

そんな中、奥田から「明日のお昼会えませんか?」と誘いが。

浮かれて店を後にする倫子。

気付くと路上で倒れており、KEYに助けられる。

「仕事をやってないのか」と尋ねるKEYに、「結婚したい人ができた、その人も自分が好きだ」と見栄を切る。

 

倫子は奥田と昼間のデートを楽しむ。

「好きです。僕にチャンス貰えませんか」と告白される。

「はい、私なんかでよかったら、よろしくお願いします」と答える倫子。

うれしい たのしい

私 この人のこと 大好き

奥田が作った料理を食べ、ビールを飲んで、映画を観て、あっという間に日が暮れる。

いいよね? もう好きだもん

1回だけ

とりあえず 1回だけ

やってみても いいよね

倫子は、「絶対に幸せになれる」、そう思うのだった。

 

本編も安定の面白さなのですが、番外編「タラレBar」が最高です。

全国の読者のお悩みを、東村先生がマンガで解決しています。

かなりガチな相談で、先生の答えもグサグサ刺さります。

必読です!

 

倫子、奥田と上手くいくのでしょうか。

奥田には何か裏がありそうな予感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です