「東京タラレバ娘」4巻のネタバレと感想

東村アキコ先生の「東京タラレバ娘」第4巻です。

「あの時、あーだったら」、「もっと、こーしてれば

タラレバばかり言いながら、幸せ求めて右往左往!!

ドラマは毎週水曜の夜10時から。

マンガ「東京タラレバ娘」4巻 ACT<12>スーダラ女

小雪の店に集まる倫子たち。

倫子は、奥田に「髪型を変えろ」と言われていることを、香と小雪に相談していた。

そこにKEYが現れる。

「良かったな、いい逃げ道見つかって」と倫子に突っかかる。

「結婚したこともないくせに、偉そうなことを言うな」、と言い返すと、

「したことあるよ、結婚」、KEYが答える。

 

マミは倫子にチャンスを貰えたとお礼を言う。

「仕事を辞めて結婚しようと思っている」とマミにまで見栄を張る倫子。

それを聞いたマミは、事務所を自分に貸してほしいと言い出す。

倫子は、何もかも、若い子の柔軟性には、かなわない、と思うのだった。

 

奥田の店を訪れた倫子。

「美容室行くヒマなかった?」と髪型を変えてないことを指摘される。

倫子は、奥田が映画の話ばかりすることが気になり出していた。

「ずっと映画の話をするのがキツイ」、と香と小雪に相談するも、「それくらい我慢しろ」と言われてしまう。

 

懲りずに、会うたびしつこく髪型を変えろと言う奥田。

自分が好きな映画は、奥田は観ないと言う。

奥田が好きな映画は、自分は好きではない。

倫子は、次第に耐えられなくなってくるのだった。

 

話してて、噛み合わなくてしんどいのは、どうしても妥協できない、そう思った倫子は奥田に尋ねる。

「奥田さんは、もし私が映画好きじゃなくっても、付き合おうって言ってくれてました?」

「部屋にホームシアターを作って、毎晩1本2人で映画を観る、それが俺の夢なんだ」

と答える奥田。

男と女は価値観が違う、そんなことはわかっているけど、耐えられない、倫子はそう思うのだった。

 

マンガ「東京タラレバ娘」4巻 ACT<13>タイムマシン女

世の中の女は 2種類に分けられる

妥協できる女と 妥協できない女

自分は「妥協できない女」。

東京タワーに上って自分を見つめなおす倫子。

奥田と別れようと思っていることを、香と小雪に打ち明ける。

そしてついに、奥田を呼び出し、別れ話をする。

「俺じゃダメだった?お互いこの歳まで一人だから、相手に合わせるのも 簡単じゃないよね」

 

と言う奥田。

「なんか疲れちゃうの。いい歳して、そこを乗り越えられない、私がダメなの」

 

と答える倫子。

奥田は最後に、倫子といて楽しかった、疲れさせてごめん、と言うのだった。

 

マミは早坂とKEYを誘って、サプライズの婚約祝いをすることに。

倫子が暗い気持ちで事務所に戻ると、クラッカーで出迎えられる。

KEYから「負け犬」と書かれた湯飲みをプレゼントされる。

シャンパンをあけようとはしゃぐマミ。

倫子は「別れちゃった、ごめん」と謝るのだった。

 

マンガ「東京タラレバ娘」4巻 ACT<14>透明人間女

落ち込む倫子をマミが励ます。

KEYは自分の事務所で、脚本家の決まっていない仕事を探し、倫子へ話を持ってくる。

「やれ、このドラマの脚本を、アンタが書け」、と言う。

 

なんでアタシがこんなショボい仕事を…と言いながら、北伊豆へ。

現地で出迎えたのは、シルバー人材センターかと目を疑う年齢層のスタッフ。

「若い女の子」とちやほやされ、まんざらでもない倫子。

彼らがドラマにかける思いを知り、自分は全然負けている、と思い知る。

こういう 小さな企画を

バカにして 見下して

大事なこと 忘れてた 大バカだ

目が覚めた倫子は、本気で仕事に取り組む。

 

ドラマを撮影していると、エキストラの中にKEYの姿が。

「結婚潰れて、仕事に逃げた、みじめな女の顔を見に来た」と言う。

香と小雪も来ていた。

 

倫子の様子を見て、「元気になったみたい」と安心する二人。

KEYは香と小雪に言う。

「不倫もセカンドもやめて、仕事に逃げればいい、独身でフリーでいい男なんて、あんたらとは付き合ってくんないよ」

 

仕事が終わり、乾杯する一同。

倫子は、仕事の後に飲む酒がうまいことを思い出す。

今日は「タラレバ」が出てこない、願わくはずっと出てこないで、と思うのだった。

 

マンガ「東京タラレバ娘」4巻 ACT<15>水玉女

仕事がノッてくると 恋も上手くいくって

何かの雑誌に 書いてあった

復活した倫子。

 

第4出動。

KEYは倫子を好きなのではないか、と香が言う。

そうでなければ、貴重なオフを使って、わざわざ伊豆まで来ないだろうと。

倫子はKEYのことをどう思っているのか、と聞く。

好きとは断言できないけど、仕事で見返してやりたいと思っている、と答える倫子。

 

香と小雪は無理矢理KEYに連絡を取り、倫子と2人で食事に行くようセッティングする。

今更、顔を突き合わせてごはんなんて…

と思いながら店に行く。

倫子の顔をみるなりKEYが言う。

「何、コレ」

「この飲みはナニって訊いてんの」

「クソ忙しいオレをわざわざ呼び出して、一体何の話があるんだよ」

相変わらずの物言いに対して、倫子が答える。

「私はただ、あなたとゆっくり話をしてみたかっただけ」

「帰る」と言って席を立つ倫子。

 

KEYは倫子を引き止めて言う。

「一体何の為に歳とってるんだ、あんたらは。あんたらを見てるとイライラする」

「そんな女とは恋愛できない。オレは、あんたと恋愛できない」

帰り道、「あんな冷徹野郎に愛されるために、自分を変えようなんて私は思わない」倫子はそう言いながら涙を流すのだった。

 

奥田さんとの別れのシーンと、最後に倫子が涙するシーン。

なかなか切なかったです。

3巻までは無かった感じだなー。

奥田さんレベルで映画が好きな女子だったら、きっと上手くいくんでしょうね。

もしくは、好きな男の好きなものは、私も全部好き!ってなれる人。

 

KEYのキツイ物言い、言葉の裏には何があるのかな…別に何もない!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です